So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年10月1-3日 博物館の空調管理【岩手県山田町鯨と海の科学館】 [文化財レスキュー]

10月1日から再び山田町へ。
館では再開に向けていろんな面から準備が進んでいます。
館の空調の調整も資料を保存するうえで重要なこととなります。

今回は空調稼働時の館の温度湿度モニタリングを行うための事前調査を行いました。
施設の空気の流れを把握することは基本中の基本です。
図面だけでは推し量れない空気の流れを体感し、うまく管理することで
空調だけに頼らない資料管理システムが実現できればと考えています。

PA020382.jpg
みんなで床下の空気の流れを調査。もちろんこのあと天井にも!

PA020377.jpg
照明落とした館内。鯨が海中を泳いでいるイメージが出ています?

PA020393.jpg
もちろん引き続き行っている骨格標本の洗浄も進んでいます。
最初は茶色い出汁がでてきてびっくりしたのですが、いまはきれいな水となりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。